【検証】アパガードプレミオは本当に効果があるの?効果口コミをまとめて紹介!!

私は元々歯が黄色いことが悩みで、かなりコンプレックスでした。
歯医者でのホワイトニングは敷居が高い気がして、高いわりに効果がないのでは?と不安で、もっと手軽に歯のホワイトニングができる方法がないかと探していました。

ネットで調べてみると、アパガードは市販の歯磨き粉の中で特にホワイトニング効果が高い、との情報を見つけ、特にアパガードプレミオはアパガードの中でもホワイトニング効果に優れている。

アパガードはメジャーな商品なだけあり、たいていのドラッグストアやスーパーにおいてあります。
価格は、他の歯磨き粉と比較するとかなり高価ではありますが、ホワイトニングに特化していることを考えると、買ってみようと思える価格ではありました。

実際に購入して効果がなかったら最悪ですよね。

 

 

アパガード プレミオを購入に悩んでいる方には是非読んで見て下さい!

実際に購入するには少しでもお得に購入したいと思い、どこで購入するのが最安値でお得に購入出来るかも調べてみました!

早速、購入してみて効果があるか検証してまとめてみました!

 

商品名 APAGARD(アパガード) プレミオ 50G
会社名 株式会社サンギ (SANGI CO., LTD.)
主な原材料 基剤:歯磨用リン酸水素カルシウム、無水ケイ酸
溶剤:精製水
湿潤剤:濃グリセリン、ケイ酸ナトリウム
甘味剤:キシリトール、サッカリンナトリウム
薬用成分:薬用ハイドロキシアパタイト、マクロゴール400(ポリエチレングリコール)、β-グリチルレチン酸、塩化セチルピリジニウム
発泡剤:ラウリル硫酸ナトリウム粘結剤:カルボキシメチルセルロースナトリウム
香味剤:香料
安定剤:リン酸マグネシウム
光沢剤:加水分解コンキオリ液
保存剤:塩酸アルキルジアミノエチルグリシン香味:ダブルミント(ペパーミント・スペアミント)
最安値 【最安値】アパガード プレミオ購入はここ⇩⇩

 

 

 

オススメ
ポイント
 

「薬用ハイドロキシアパタイト」を配合。むし歯の原因となる歯垢を吸着除去

 

アパガード プレミオの良い口コミと悪い口コミ

アパガード プレミオを買おうかどうか迷っている時、実際にアパガード プレミオを使った人からの口コミは何かと頼りになります。

販売元からの情報は、良いことばかり書いているようにも思えますが、「本当に悪いところはないのか?」と不安になってしまうのが現実です。

アパガード プレミオの口コミについては、良い口コミと悪い口コミの両方が多数存在します。

 

 

良い口コミと悪い口コミの両方を見比べることで、アパガード プレミオがあなたの悩みを解消してくれそうな商品であるかを客観的に判断できます。

多数の口コミが存在するということは、アパガード プレミオが多くの人から注目されている証しでもあるのですが、アパガード プレミオについて、具体的にどのような口コミがあるのでしょうか?

商品紹介を見て、なんとなくで商品のことが分かっていても、基本的に商品の良いところしか分かりません。 本当に効果が現れるのかは使ってみないと分からないものです。

なので、実際に検証してアパガード プレミオの口コミから、アパガードプレミオの良いところと悪いところを 見ていきましょう!!

 

アパガードプレミオ の良い口コミ 

 

30代 男性

使用してから半月ほどで歯が白くなった

 

30代 女性

友人から歯の白さを褒められた

 

20代 女性

昔より口を開けて笑えるようになった

 

40代 女性

歯がとてもツルツルで、口臭も改善された気がする

 

口コミ内容を見る限りでは、アパガードプレミオは、ホワイトニング効果・歯の修復・口臭 予防などに活躍するようです。

自分で実感するだけでなく、相手からも気づいてもらえるほどのホワイトニング効果があるなら、安心して使うことができますね。

恋人や友人と会話をしていると、楽しくてつい距離が近くなってしまっても、口臭を気にすることなく、会話を楽しむことができます。

おしゃべりが好きな女性からすると、嬉しいアイテムですね。

 

 

アパガードプレミオ の悪い口コミ 

 

30代 男性

使い始めて一週間以上経ちますが、まだ効果が見られません

 

40代 女性

ツルツルした感覚はわかるけれど、黄ばみは取れているかわからない

 

悪い口コミのほとんどは、使用から効果が出るまでの時間です。

アパガードプレミオは、使用した方の感覚で、一ヶ月以内に白さを感じる場合もあれば、 一ヶ月経ってからでも、実感できない場合があります。

効果の現れ方は個人で変わってきてしまうので、ホワイトニングをメインで求めている方 は、即効性のある別の商品を選んだほうが良いです。

歯磨き粉を使用するのはあなたなので、自分がどんな効果を求めているのかで、商品を選び、使ってみてください。

ただ、どの商品も効果が出るまでに時間がかかるものが多いので、1週間から一ヶ月は効果が出るまで使い続けないといけません。

ただ、葉と同じ成分が含まれているアパガードプレミオは、歯の健康をしっかりと維持してくれるので、ホワイトニング効果は後からでも平気と感じる場合は、是非使ってみて下さい!

 

 

アパガードプレミオとはどんな商品?

アパガード プレミオは、ナノ粒子「薬用ハイドロキシアパタイト」を1、4倍高配合された歯磨き粉です。

パール成分、加水分解コンキオリン液を追加したブライトニング処方になります。

アパガードプレミオに配合されている「薬用ハイドロキシアパタイト」は歯垢を吸着除去し、ナノレベルで歯の主成分であるハイドロキシアパタイトを補給することにより歯の表面をなめらかに、ミネラルが溶け出したエナメル質の欠損部を修復・再石灰化して、エナメル質を健康にして歯を白くします。

アパガードプレミオには歯そのものを白く漂白する、日本では歯科医院でのみ取り扱える、過酸化水素や過酸化尿素の成分は入っていないので、歯の内面は白くはなりません。

アパガードプレミオは元々の自分の歯の表面のエナメル質に対して修復し、歯のくすみをなくし、つややかな歯本来の美しさを引き出す作用があります。

 

 

【アパガード プレミオ購入はここ⇩⇩】

アパガードプレミオの成分とは?!

アパガードプレミオの主な主成分は「薬用ハイドロキシアパタイト」です。

歯は骨と変わりません。骨も歯も、主な主成分はハイドロキシアパタイトです。

体にとって必要な水とタンパク質についで重要な成分となっております。

そのハイドロキシアパタイトと同じような成分で出来ているのが薬用ハイドロキシアパタイトなので、安心してお使いいただけます。

薬用ハイドロキシアパタイトは、歯の修復やミネラルの補給以外にも、汚れを吸着して排除してくれる働きもあるので、虫歯予防もできます。

歯の表面を傷つけてしまう研磨剤などは含まれていないので、歯の傷に汚れがたまって白くならないという悪循環を排除してくれるでしょう。

アパガードプレミオには歯を削ったり、歯の内面を白くする漂白剤は含まれていません。ただ、泡立ちを良くする為の発泡剤としてラウリル硫酸ナトリウムが含まれています。副作用が起きるほどではないのですが、人によっては刺激になりやすい成分が入っています。

 

 

全成分を紹介

「基剤」:歯磨用リン酸水素カルシウム 無水ケイ酸

長年による歯の表面に付着したプラーク(歯垢)やステインを落とす機能があります。

「湿潤剤」:濃グリセリン ケイ酸ナトリウム

使用を容易にするために歯磨き粉に適度の湿り気を与えておきます

「香味剤」:キシリトール サッカリンナトリウム

香味の調和をはかる爽快感と香り、キシリトールのペパーミントとスペアミントのダブル効果で使用しやすくしています。

「発泡剤」:ラウリル硫酸ナトリウム

口中に泡立たせることで、歯磨剤を広く拡散させて洗浄し汚れを除去します。
歯磨剤の薬効成分を行き届かせるのが目的となります。

「粘結剤」:カルボキシメチルセルロース ナトリウム

歯磨剤の粉末と液体成分を結合させて、保型性を与えたり歯磨剤に適度の粘性を与えています。

「保存剤」:塩酸アルキルジアミノエチル グリシン

歯磨剤の保存性を高めるなど変質を防ぐ効果があります。

<薬用成分>:薬用ハイドロキシアパタイト

細微粒子化したハイドロキシアパタイトが歯の表面に沈着した歯垢、ステインを吸着除去して微小なエナメル表面の傷を埋めます。そして脱灰した歯の表面を再石灰化で修復!

ポリエチレングリコール:β-グリチルレチン酸

歯肉炎や歯周病を予防します。

パール成分:加水分解コンキオリン液

歯の表面に光沢を与えてガラスのような輝きをよみがえらせてくれます。

そのほかの成分に、安定剤:リン酸マグネシウム、溶剤:精製水が含まれています。

 

アパガード プレミオは一日に何回でも使えるの?!

何度も磨くと逆に歯を痛めたり口の中が荒れたりしてしまわないのかと心配になる人もいるかもしれません。

アパガード プレミオに関してはその心配はいりません。研磨剤が入っていないので歯が傷つくことはありませんし、漂白剤も入っていないので歯を痛める心配もありません。

逆に、歯周病の原因となる菌を殺菌する成分なども配合されていて歯を磨くことで歯周病を予防することも可能です。毎食後に安心して使用することができます。

 

 

虫歯のケアもバッチリ!フッ素は不使用!

歯磨き粉に使われるフッ素は虫歯予防に効果的な成分といわれています。

しかし、アパガードプレミオはフッ素を使っていません。

アパガードプレミオは虫歯予防に効果が期待できるハイドロキシアパタイトを配合しています。
そのためフッ素を使わなくても問題なく虫歯予防ができるというのが理由です。

一般的な歯磨き粉は、フッ素や研磨剤等が含まれているものが多いです。

研磨剤は歯の表面を傷つけてしまう恐れがあり、歯の健康をそこねてしまうでしょう。

フッ素は、唾液と一緒になってから働く効果が多いので、元々唾液が出にくい方には、あまり効果が見られない場合もあります。

 

 

アパガードプレミオは副作用あるの?アレルギーは大丈夫?!

毎日、私たちがしているオーラルケアは、う蝕や歯周病そして歯を白く保つために大切な習慣のハミガキですが、そのハミガキに欠かせないのが歯磨剤です。
ほとんどの方は、毎日使用しても違和感を感じることはありません。しかし、ごく一部の方には、唇が腫れたり、湿疹のような症状が現れたりする方もいます。
今回は、そんな歯磨剤によっておこるアレルギーやその副作用をご紹介いたします。

 

「薬用」と名のついたものは、薬と変わらないので、副作用やアレルギーがありまが、歯磨き粉だったとしても変わりません。

ではアパガードプレミオには、副作用やアレルギーはあるのでしょうか?

アパガードプレミオの副作用の可能性や、歯磨きで起きるアレルギーについて見ていきましょう。

 

アパガードプレミオを使って起こる副作用とは?

歯磨き粉でも副作用を伴うものがあります。

主にフッ素が原因とされていますが、フッ素を体内に取り入れすぎなければ、副作用が起こることはありません。

副作用の症状としては、喉やお腹が痒くなるといったものです。

ただ、アレルギーの症状と似ているので、使ったときに痒みを感じた場合は、使用を控えるようにしましょう。

アパガードプレミオは、フッ素を配合していないので、副作用の心配はありません。

ただ、ラウリル硫酸ナトリウムや、泡を立てる発泡剤などは配合されているので、体や口に何らかの影響が出た場合は、使用をやめて下さい。

心配な方はお近くの病院で見てもらいましょう。

 

 

歯磨き粉でおこるアレルギーについて

歯磨き粉にはアレルギーというものがあります。

<どんな症状が考えられるの?>

・口の周りの湿疹、炎症、腫れ
・口内にポツポツとした出来物
・舌が腫れたり、歯茎の炎症
・喉が腫れたり、時に呼吸困難
・不快感や胸焼け、吐き気を伴ったり消化機能の異常などなど…。

その症状の原因というのは、人によって異なりますが、最大の原因になるものが歯磨剤の配合成分と考えられています。
その他としては、妊娠中の方やガンの抗がん剤投与中、食物アレルギーの方など多様にあるようです。

アパガードプレミアムの配合成分で発泡剤のラウリル硫酸ナトリウムが原因で、上述のような症状を表す場合もあると考えられています。そして、香味料のペパーミントは口内をすっきりさせるために配合されてはいますが、妊娠中の女性で特に、妊娠初期にみられるつわり症状がある時期に限っては、ペパーミントの香りが気分不快感を与えてしまう場合もあるようです。

 

 

そして、ガンの抗がん剤治療中や放射線療法中には、副作用として口内炎を併発したり、吐き気で食事ができない例もあります。
また、処方された歯磨剤に乳製品由来のタンパク質が配合されていた結果、牛乳アレルギーの少女が死亡した例もあったりフッ素配合によるフッ素症など考えなければならないところですが、幸いにして
アパガードプレミアムの配合成分には、フッ素も乳製品由来の成分も配合されていませんので、危険性に対するリスクは低いものと考えていいですね。

 

 

ただ、みんながアレルギーになってしまうというものではありません。

ごくまれに、「喉の奥が痒くなる」「喉の奥が枯れる」「口の周りや口の中がかぶれる」といった症状があらわれます。

こういった症状が出た場合は、お使いの歯磨き粉が体にあっていないということなので、使用をやめて、病院で見てもらいましょう。

アレルギーが出た時の共通点として、「歯磨き粉を間違えて飲んでしまった」というものがあります。

体内に入れることで、拒否反応が出たのかもしれません。

歯磨き粉はあくまで口を掃除するものなので、飲み込んだりしないように気をつけましょう。

子供が使うときにも、気をつけて使うようにしてください。

 

アパガードプレミオは子供にも使えますか?何歳ぐらいから使えますか?

 

 

ただ、まれに痒みの症状が出る恐れがあるので、始めて使用する際はお気をつけください。

危険性のリスクを知る上で大切なことはお使いのアパガードプレミアムの配合成分をしっかり頭に入れてあくこと、そして歯磨き後には、口内と口周りや顔に残っている歯磨剤をしっかりと洗い流すことが大切になります。

ただし、アパガード プレミオに含まれている成分の中で、万一体に合わない成分があれば、その成分によって副作用やアレルギーが起こる恐れはあります。

アパガード プレミオを使い始める前には、念のため、過去にアレルギーを起こしたことのある成分が含まれていないか、成分表示を確認するようにしましょう。

 

私自身も肌が敏感(アトピー性皮膚炎)なのですが、実際に1ヶ月は使してるのですが、今の所、症状はなく安心して使用出来ています!むしろ歯が段々と白くなっています!

【検証】アパカードプレミオ の使い方の紹介!!

 

アパガード プレミオって使い方は簡単なのでしょうか?

もし、複雑だったり面倒だったりしたら、続けるのは難しいですよね。

アパガードプレミオですが、ドラッグストアなどで簡単に手に入ります。

シリーズ商品ですのでスタンダードタイプや喫煙者向けのスモーキンタイプ、プレミアムタイプがあります。

 

 

プレミアムタイプは今回紹介しているプレミオのことで、mHAPが1.4倍高配合されているようです。

mHAPって何?「薬用ハイドロキシアパタイト」のことです。

薬用ハイドロキシアパタイト<mHAP>の作用

 

公式をざっと読む感じではそのmHAPと呼ばれるナノ粒子が歯の表面の汚れや黄ばみの着色を落として、表面上にある見えない傷を埋めるのでツルツルにする働きがあるようです。

皆さんが購入したアパカードプレミオの有用成分を最大限に効果的に実感していただくためにも、適切な使用量と使い方をご紹介いたします。

 

アパガード プレミオの効果的な歯磨剤の使用法とは?!

アパカードプレミオには、歯の表面を傷つけることなくケアをする成分やお口全体に歯磨剤を行き渡らせる発泡剤で機能がありますが、その使用法によっては、せっかくの効果が実感出来ません。
そこで正しい歯磨剤の使用で大切なポイントを紹介します。

 

 

・ブラッシング時間は5分以上おこなって歯全体に浸透させます。

みがく順番を決めるとみがき残しが少なくなります。
例えば上の奥からスタートし、表⇒裏⇒かみ合わせと一筆書きの要領で行います。

 

 

・ブラッシングは毎食後と就寝前におこなって、ブラッシング直後の飲食は極力避けるべきです。

色の濃い食べ物(カレー、キムチetc.)や飲み物(コーヒー、紅茶、緑茶 etc.)を摂取すると、特にステインは付着しやすくなります。

このような飲食が多い場合や、アルコールの摂取などにより歯の表面が乾いていたりすると「ステイン」が増えやすい環境になります。また、たばこの「ヤニ」は、ステインよりも粘着力が高く、さらに歯を黄ばませる働きがあるので注意が必要です。

 

 

・歯と歯肉の境に毛先を当ててマッサージをするような感覚で1本ずつ細かく磨きます。

毛先を歯面に90度に当ててみがいた後、退縮した部分に歯ブラシの毛先を 45度の角度に当て、歯肉が退縮しているところに合わせ優しい力で、 丁寧にみがきます。

 

・磨く力は、力を入れすぎず、力を入れすぎてしまうと歯の磨耗の原因となります。

力を入れず、えんぴつと同じように軽く握ることをおすすめします。
余計な力が入りにくく小回りがきき、軽い力で小刻みに動かすことができます。
「歯垢」を落とすことを意識して1本1本をみがくつもりで握ってください。

 

 

・歯垢が付着しやすい下顎前歯の舌側と上顎の臼歯や大臼歯の頬側は、丁重に磨きます。

歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目、歯のかみ合わせは特に気をつけてみがきましょう。 歯と歯の間は、先細タイプの毛先などで毛先を歯と歯の間に入るように 軽く押し当て小刻みにみがきます。

 

・歯の着色が目立つ部分には、とくに丁重に磨きます。

歯ブラシを縦にして上下方向に小刻みに動かし、1本ずつみがきます。 歯ブラシを左右に傾斜させると歯と歯の間に毛先が入りやすくなります。 その際、1本の歯を3面に分けて、それぞれの面に毛先を直角に当てると さらに効果的です。

・洗口は、少ない水で1〜2回程度で歯磨剤の味が残る程度を目安にします。

あまり洗口しすぎると、せっかくのアパカードプレミオの有効成分が流れてしまいますので、この点については注意が必要です。

 

 

アパガード プレミオの1回の適切な使用量とは?

アパガード プレミオは歯ブラシに1cmほどが適量となっております。

仮に、1回の使用量が少なすぎた場合を考えると、口腔内に有効な成分が保持されません。

また、逆に多すぎた場合には、どうでしょうか?
極端に多すぎる場合には、多くの有効な成分が口腔外に吐き出されて、せっかく供給した成分が活用されずに無駄になってしまいます。
また、皆さんの使用している歯ブラシの大きさと口の大きさ、つまり年齢差や個人差によっても変わってきますが、平均値が1cmがベストです。

 

 

歯ブラシについて

歯ブラシの寿命は意外に短く、交換目安は約1カ月。 見た目には交換時期がわかりにくいので長く使ってしまいがちですが、 歯ブラシは消耗品です。毛先が次のようになったら、歯垢除去力が低下したり、 歯肉を傷つけたりするので注意が必要です。

  • 毛先が開いたもの(うしろから見て毛先がはみ出しているもの)
    (1)歯ブラシの寿命

 

  • 毛先が摩耗したもの
  • 汚れてきたもの

毎月決まった日を歯ブラシ交換の日と決め、交換の目安にしていくといいでしょう。 例えば、8月1日は「歯が命」の日、毎月1日を交換日として1年過ごすのはいかがで しょうか?

歯ブラシの洗浄・保管

使用後の歯ブラシは食べかすや歯垢が残っていることがあります。

使用後は丁寧に10秒以上強い水流で洗浄するか、指を使ってしごくように 洗浄することが大切です。

植毛部分に汚れや歯みがき剤が白く残らない ように注意しましょう。

菌は栄養、湿度、温度の3つの主な条件で繁殖するので保管状態によっては 歯ブラシに菌やカビが生えてしまうこともあります。

洗浄後は歯ブラシの水気をよく切り、頭部を上にして、風通しのよい場所に 保管することが大切です。 乾燥させた歯ブラシは1本ずつ離して保管することをおすすめします。

 


APAGARD(アパガード) クリスタル歯ブラシ 先細イオン 3本セット

最も歯磨剤の効果を出すには?

是非、おすすめしたいのが歯ブラシ前にデンタルフロスを使用して、歯と歯の間、隣接面をキレイしておくと、薬用成分が万遍なく行き渡って、細菌の活動も弱まり口臭はもちろん、う蝕や歯周病の予防に効果的です。

ハブラシでブラッシングしただけでは、歯と歯の間は十分みがけない事があり、プラーク(歯垢)や食べかすが残ってしまいます。みなさんもご存じのとおり、ムシ歯や歯周病の原因はプラークです。

そこで、デンタルフロスや歯間ブラシを使って、ハブラシでは届かない、歯の側面についたプラークや、歯と歯の間に入りこんだ食べかすを、きれいに取り除きましょう。
そして、きれいで健康な歯を保ちましょう。


クリニカアドバンテージ なめらかスリムフロス 40ml(※色は選べません)

 

【検証】アパガードプレミオ は本当にホワイトニングに効果あるの?!

アパガードは、歯を白くする歯磨き粉としておなじみのブランドですから、ホワイトニング効果を期待して愛用している方も多いでしょう。

でも、歯磨き粉だけで満足できるホワイトニング効果が得られるのか、半信半疑の方もいらっしゃると思います。

そこで、アパガードプレミオのホワイトニングについて解説します。

アパガードプレミオは、美白歯をて見入れるための歯磨き粉なので、ホワイトニング効果は あります。

けれど、一回使用したくらいであなかなか効果が現れないです。

実際にアパガードプレミオを使用したのですが、使い始めは、あまり白くならずガッカリしました。

 

 

歯磨きは毎日する事なので、何度も繰り返す使うことで、歯の白さを取り戻すことができます。

アパガードプレミオを使う時も、一、二回で効果が出ることは少ないので、効果を実感する までは、長く使う必要があるでしょう。

では、どうしてアパガードプレミオが歯を白くすることができるのでしょう?

歯が白く見える理由や、黄ばんでしまう原因などを踏まえて、アパガードプレミオの効果を 見ていきましょう!!

 

歯が白く見える理由

歯は、象牙質をエナメル質が包むように作られてきます。象牙質は乳白色で、エナメル質は半透明です。

エナメル質が半透明でいることで、包まれている象牙質の乳白色が綺麗に見えて、歯を白く 見せることができます。

エナメル質は半透明ではなく、黄ばんでいたりすると、象牙質の乳白色を綺麗に見せること ができないので、歯を白く見せることができません。

なので、歯を白く見せるためには、エナメル質を綺麗に保つ必要があります。

 

 

エナメル質も象牙質も、「ハイドロキシアパタイト」という成分でできています。

歯の主な主成分はハイドロキシアパタイトです。

この、ハイドロキシアパタイトに似た成分が入っているのがアパガードプレミオなんです。

同じような成分が入っていることで、歯を傷つけることなく、エナメル質の修復を行うこと ができ、エナメル質の半透明を保つことができます。

また、研磨剤なども含まれていないので、歯の表面に傷を残すこともありません。

ツルツルで白い歯にすることができます。

 

 

歯の白さがなくなる原因

歯の白さがなくなる原因は、主にエナメル質に問題が起きている時です。

エナメル質に問題が起きることで、象牙質の色を見えにくくしてしまうので、白さを失って しいます。 エナメル質に問題が起きるときは、こんな時です。

 

 

・歯の表面に汚れがたまる

・歯の表面に傷が付く

・歯茎と歯の間の濁り

歯の表面に汚れがたまっていると虫歯の原因になりやすいので、食事のあとは必ず歯磨きをするようにしましょう!

タバコを吸っていても、ヤニが歯の表面についてしまうので、黄ばんで見える原因になります。

また、硬い食べ物を食べたり、ブラッシングの際に力強く歯磨きをしていると、歯の表面を 傷つけやすいです。強く磨くことで歯茎にもダメージを与えてします。

歯を磨くときは、なるべく優しく磨いてあげましょう。

そして、歯垢が付くことで、歯垢の中にいる菌が生み出す酸によってエナメル質のミネラル が溶けてしまます。

エナメル質のミネラルが溶けることで、表面が濁ってしまい、象牙質を見ずらくしてしまいます。

唾液を出すことで、エナメル質のミネラルを補給することが出来るので、寝ている間に菌が 増えないよう、寝る前にしっかり歯磨きをしましょう。

 

 

アパガードプレミオが美白歯にできる理由

アパガードプレミオは歯の主成分と同じような成分「薬用ハイドロキシアパタイト」が含ま れています。 薬用ハイドロキシアパタイトには、次3つの働きがあるので、歯を白くしてくれるんです。

 

 

・歯垢を吸着除去

・歯の表面の傷を修復

・エナメル質のミネラルを補給

・再石灰化 ナノ粒子の薬用ハイドロキシアパタイトは、歯についた歯垢を吸着して除去してくれます。

表面の汚れを取ることで、エナメル質の半透明を維持できます。また、研磨剤が含まれていないので、歯の表面を傷つけません。

むしろ、歯と同じような成分が含まれているので、表面の傷を埋めて元のツルツルした歯に 戻してくれます。

そして、エナメル質に含まれるミネラルの補給もできます。

歯の主成分がハイドロキシアパタイトなので、エナメル質ともほとんど似た成分です。

同じ成分で歯を磨いてあげることで、成分の補給をすることができます。

唾液を出すことで、エナメル質のミネラルを補給することができますが、口の中が乾燥する タイプの人や、元から唾液が出づらい人などにおすすめです。

フッ素が含まれている場合は、唾液に反応して、再石灰化をしたりミネラルを補充しますが、アパガードプレミオはフッ素が配合されいません。

唾液を出さなくても、歯の主成分を利用して、ミネラルを補給してくれるからです。

 

 

使用後すぐに効果が出ることは少ないので、一週間から1ヶ月は効果が現れるまで使用して みてください。

まずはいつも通り、1日2回食後に 「アパガード プレミオ」を使って本当に効果があるか検証してみました!

 

初日

 

(初日〜)

全体に歯の黄ばみがあり、まだ変化なし。即効性は無いようです。

1週間目

 

使い始め(1週間〜)

1週間使用後、歯のネバつき朝起きてからの口臭がなくなりました。

2週間目

 

使い始め(2週間〜)

少しづつですが確かに白くなってきました。

ポイント

  • コーヒーの量を減らしてみました。

1ヶ月目

 

 使い始め(1ヶ月〜)

1か月使ったところ、初日より歯が白くなりました!

歯の表面がツルツルになったことで、歯の舌触りがよくなった気がします。

体感できる効果には個人差があると思いますが、一般の歯磨き粉では落とせないステイン(コーヒー、茶、タバコのやになどによる歯の黄ばみ)を落とすことができるので、定期的に歯医者でホワイトニングをされている方でもない限り、確実にホワイトニング効果を実感できるはずです。

即効性はなかったので、「歯を白くするのではなく、歯の汚れを落として本来の歯の白さを取り戻す」といった表現が適切なのかもしれません。

ちなみに、虫歯で黒くなった歯を白くすることはできませんし、歯石を取ることもできませんでした。

【検証】アパガードプレミオ 50Gの最安値はどこ?!

アパガードはメジャーな商品なだけあり、たいていのドラッグストアやスーパーにおいてあります。

市販で売られているアパガードプレミオには、50g以外にも100gがあります。

基本的には、50gと100gしか売られていませんが、ネット通販では希に60gがあるようです。

 

ただ、歯磨き粉として考えるなら、少し高い値段です。

他の歯磨き粉なら、同じ値段で2個以上買えてしまう場合もあります。

アパガードプレミオは、歯と同じような成分が入っており、その成分「薬用ハイドロキシアパタイト」は独自で開発されたものなので、他の歯磨き粉と比べると、値段が高くついてしまうのでしょう。

アパガードプレミオを、基本料金よりも安く手に入れられるならとても嬉しいことです。

それぞれのネットショッピングで値段が変わってくるので、いくつかのサイトでいくらで売られているのかを紹介します!!

 

アパガードプレミオ 50G (税込)
Amazon 649円 送料無料
楽天 627円 (送料+580円 都内)
Yahoo!ショッピング 627円 (送料+790円 都内)
LOHACO 872円 ¥3,240 (税込)以上で基本配送料無料
ヨドバシカメラ 708円 (送料無料)
コンビニ(ナチュラルローソン) 896円
サンドラック 820円
マツモトキヨシ 906円
ドンキーホーテ (50g取り扱いなし 100g  あり)  1383円

 

最安値で購入するにはAmazonが一番最安値で購入出来ます!

実際に目で見て、手に取って確かめてから、商品を購入したい方は、お近くのドラックストアに行くことをおすすめします。

ネットショッピングでも抵抗がない方や、届くまでの時間を気にしない方は、安くなっているネットショッピングで購入すると良いでしょう。

危なくないか心配だけど、安いほうが良いかも…と感じる場合は、最初だけお近くのドラックストアで購入し、効果や安全性を確かめてから、ネットショッピングに移動する形をとってみてはいかがでしょうか。

アパガードプレミオ 100g もネットショッピングの方が安く購入出来ます!

最初は何を選んだら良いのかわからず不安かと思いますので、まずはホワイトニング歯磨き粉総合ランキングを良く読んで勉強してから購入するとより安心でしょう。

【アパガード プレミオ購入はここ⇩⇩】